スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ばらかもん』 7巻 ヨシノサツキ 
ばらかもん 7 (ガンガンコミックスONLINE) ばらかもん 7
(ガンガンコミックス
ONLINE)

(2013/03/22)
ヨシノ サツキ

商品詳細を見る

Act.53 がらしど(ガラス窓)
  半田センセ、精神年齢が小学生並みだ。
 いや、最近はなるの方がしっかりしてきた。

Act.54 よたたしかぶ(大きなカブ)
  天才子役カナちゃんは、次週ボクサーになって逆襲が始まるらしい。
  
Act.55 しゃくれん(さわれない)
  猫が子猫でいる時間はとても短いな。

Act.56 よかごて(いいように)
  こんな変人たちと付き合わなきゃならない凡人ヒロシは大変だ。

Act.57 たくもんわる(薪割り)
  先生は頼りないけどいつも一生懸命。
  
Act.58 まんだかな(まだですか)
  不思議な風習だな。でもこういうのずっと残っていて欲しいよね。

Act.59 うけくろ(キャッチボール)
  珍しく半田先生がイイこと言った!

Act.60 とんだるうとたるおどったる(跳んだり歌ったり踊ったり)
  すっかり馴染んでるねぇ先生。

おまけ だんぽ7th(池)
  ずっと『だんぽ』って犬の名前かと思ってた。プチって名前だった。
スポンサーサイト
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ばらかもん』 6巻 ヨシノサツキ 
ばらかもん 6 (ガンガンコミックスONLINE) ばらかもん 6
(ガンガンコミックス
ONLINE)

(2012/07/21)
ヨシノ サツキ

商品詳細を見る


 書展に出品するために東京に戻った半田先生。
例の殴ってしまった館長を前にしてヘタレる半田先生、渾身の作の自分の作品をついつい試作品だと言ってしまう。
 作品の〆切りの前日、何も書けなくて焦る半田先生に、川藤が島のみんなと繋がった携帯を渡す。
何とか作品を仕上げ、引き止める母親を説得しつつ島に帰る準備をする。

 一方島のみんなたち、先生が帰ってしまったと落ち込んでいるが、来週には帰ってくるとヒロシから聞くと途端に元気になり先生の家(子どもたちにかなり荒らされている)の掃除を始める。

 島に戻ってきた半田先生、書展は思ったような結果にはならなかったが(康介も)過去の2位事件のときのように落ち込んではいない。
島の子どもたちとわいわい食事をしながら、「この時間が大切だ」と珍しくまともなことを考える半田先生だった。

 個人的な今回の萌えツボ…清舟が、タマと美和が練習した書道の半紙を、日付つきで全部残してあったこと。
あ、半田先生やっぱり書やってる人なんだぁ~と今更ながら思った。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ばらかもん』 ヨシノサツキ 5巻 
ばらかもん 5 (ガンガンコミックスONLINE) ばらかもん 5
(ガンガンコミックス
ONLINE)

(2011/12/22)
ヨシノ サツキ

商品詳細を見る


Act.37 ぎっぱかかっじゃ(きれいな髪の毛)
 子供の髪の毛触りながらサラサラ~なんて…なにかロリコンチックだよ、せいしゅう先生。
 美容師でもない普通の男性が、子供に編み込みをしようとする発想も不思議。
 
Act.38 びゃら(枯れ枝)
 「本当は若い女の子に見られたかろうが?」ちょっと受けた。 

Act.39 おけがまくっちした(大ケガしそうになった)
 完成したこの作品は『書』といえるのか?

Act.40 どろたっぺなっちょって(どろんこになって)
 くだらないことに全力を注いでしまう気持ちはよくわかる。

Act.41 あぶるんな(暴れるな)
 いくら年が近いから友達同士といっても高校生と社会人じゃ違うだろ~と思う。

おまけ かうか(蚊)
 家で蚊帳をつった記憶がうっすらある。
 自分の家なのに別の場所で寝るみたいにワクワクドキドキだった思い出。

Act.42 よろこばすでの(喜ばせましょう)
 虫取りは、子供の頃誰もがやることだと思っていたらそうではないことが大人になってから知った。

Act.43 いしこづん(石積み)
 それなりに能力がある人でも自信満々ってわけではなく、不安や心配はあるんだな。
 凡人は心配や不安要素のある舞台にすら立てないけどな。 
 
Act.44 だっちいこで(みんなで行こう)
 5巻の最後でなかなか気になる内容だ。
 せいしゅう先生は何も言わず都会に戻ってしまうんだろうか。 

おまけ だんぽ5th(池)
 犬(なんていう名前か忘れた)が出てくる夢オチが好きだった。

 というか、ばらかもんを読んでいるとなぜか子供の頃の記憶がわらわらと出てくるから不思議だ。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ばらかもん』 ヨシノサツキ 1巻~4巻 
ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE) ばらかもん 1
(ガンガンコミックス
ONLINE)

(2009/07/22)
ヨシノ サツキ

商品詳細を見る


 ガンガンオンラインにて連載中のばらかもん(←長崎県五島列島の方言で「元気者」)。
この漫画は全く知らなかったけれど、唯一このブログにコメントを残してくれる奇特な方に教えてもらいました。
 オンラインで2話読んでみたところ、第一印象は『よつばと!』ぽい。特にこの『なる』という女の子が『よつば』みたいだ、という感じであまり印象はよくなかったけれど(笑)、とりあえず気になったので購入。
 最初の2巻ぐらいまではまだ『よつばと』のことを忘れられなかったけれど、読み終わったころには、ああこれは『ばらかもん』だ、まさしく『ばらかもん』以外ではありえないな、という印象に。
 素直に面白かったです。

 ストーリーは、有名な書道家の息子半田清舟(雅号:本名「清」、23歳、書道家、イケメン)、が書道界のお偉いさんを殴った罪で、父親に五島へ送り込まされる。
 都会者でプライドの高い彼が、島での生活におたおたイライラしながらも個性豊かな島人たちと交流しながら、だんだんと島に馴染んでいき、自分自身の生き方や書道に対する考え方も少しずつ変化していくというお話。
なんとなくよくありそうなお話ではあるけれど、この漫画が特別面白くなっているのは、この主人公が出来た人間ではなく、大人気ない子供みたいな奴ということに尽きると思う。

 見た聞いた想像した話とは違って作者の出身地を題材にした話なので、そこに確かに生きているような人たちの生き生きとした生活が読んでいて楽しい。



ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE) ばらかもん 2
(ガンガンコミックス
ONLINE)

(2010/02/22)
ヨシノ サツキ

商品詳細を見る

ばらかもん 3 (ガンガンコミックスONLINE) ばらかもん 3
(ガンガンコミックス
ONLINE)

(2010/10/22)
ヨシノ サツキ

商品詳細を見る

ばらかもん 4 (ガンガンコミックスONLINE) ばらかもん 4
(ガンガンコミックス
ONLINE)

(2011/05/21)
ヨシノ サツキ

商品詳細を見る
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。