スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ましろのおと』 6巻 特装版 羅川真里茂 
ましろのおと(6)特装版 (月刊マガジンコミックス) ましろのおと(6)特装版
(月刊マガジンコミックス)

(2012/06/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

オリジナル津軽三味線型携帯クリーナーストラップ

 5巻で特装版を買ったので、なんとなく6巻も特装版を購入。
『オリジナル津軽三味線型携帯クリーナーストラップ』が付いてます。
ミニバチが可愛いです。

 6巻は、団体戦、雪の梅園学園の演奏、そして成績発表、翌日個人戦、荒川トゥインの演奏。
個人戦の前に、雪出生の秘密の暴露、などです。

詳細は『月刊少年マガジン[ましろのおと]カテゴリ』でどうぞ。
 月刊少年マガジン2月号【ましろのおと Track.19】
 月刊少年マガジン3月号【ましろのおと Track.20】
 月刊少年マガジン4月号【ましろのおと Track.21】
 月刊少年マガジン5月号【ましろのおと Track.22】

今巻のベストショットは、頬にご飯つぶを付けている雪です。
スポンサーサイト
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ましろのおと』 5巻 特装版 羅川真里茂 
ましろのおと(5)特装版 (月刊マガジンコミックス) ましろのおと(5)特装版
(月刊マガジンコミックス)

(2012/01/17)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

ましろのおと オリジナル津軽三味線CD


 今まで特装版には興味はなくスルーしていたけれど、今回は予約して買ってしまいましたよ、ましろのおとオリジナル津軽三味線のCD付き!
津軽三味線を聴く機会ってあまりないので、いまひとつ音のイメージが湧いてこなかったけれどこれでばっちりさ。
 第一印象、三味線の音って力強くてひたむきで繊細、だけどなんだか超寒い音がする。
ああ、日本の心の音だな~という感じ。
 雪と若菜ちゃんの『即興曲』と『じょんがら節・新節合奏』がよかったな。
やっぱり人数が多いと音の厚みが増して素敵だ。オーケストラの演奏みたいに迫力が出る感じ。
できれば大会で演奏した梅園学園バージョンのじょんがら節も聴いてみたかったなぁ。
これ、曲が集まったら今後も出してくれると嬉しいんだけどな。

 5巻の内容はというと、松五郎杯が始まり順次強豪チームの演奏が進み、最後に雪のいる梅園学園が舞台に上がるところまでです。
 まるでマーチングバンドのように一糸乱れる梶貴臣率いる大阪府混合チーム、スターの独奏荒川潮率いる福岡県東邦学院、子供の頃から雪をライバル視し大本命の田沼舞率いる青森県青葉第一高校、あたりが上位チームらしいです。
 でもまぁそれはともかく、私としては雪の顔が好きすぎて困ります。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ましろのおと』 羅川 真里茂 1巻~4巻 
ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス) ましろのおと(1)
(月刊マガジンコミックス)

(2010/10/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る


 年末年始暇だったので、なんとなくネットの無料立ち読みを読んでみた。
面白かったので今出ている全巻を購入。

 ガツガツしていない天才は好きだ。
津軽三味線のことは全くわからないけれど、こんな素人でもかなり引き込まれる漫画。
 そもそも『音』を絵で表現するのって難しくて、ともすると人の言葉だけでそれを表現しがちだけれど、この漫画は『音』の音色とか振動とかその場の空気が伝わってくるかのように絵で表現されているところがすごい。
 
 主人公はいつもベタベタの方言だから何を言っているのかよくわからないところもあるけれど(周りの人達はよくわかるなぁ)、それから出てくる女性がもやしもんの遥さんばりに派手できつい子が多いけど。

 そういえばこの作者、花とゆめで『赤ちゃんと僕』や『しゃにむにGO』描いてた人なんだね。
なんかイメージが違うからわからなかった~。
花ゆめでの作品はタイトルぐらいしか知らないから、こんな面白い漫画を描く人ならそちらも今更ながらだけど読んでみようかなぁと思った。


  
ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス) ましろのおと(2)
(月刊マガジンコミックス)

(2010/12/17)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

ましろのおと(3) (月刊マガジンコミックス) ましろのおと(3)
(月刊マガジンコミックス)

(2011/04/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

ましろのおと(4) (月刊マガジンコミックス) ましろのおと(4)
(月刊マガジンコミックス)

(2011/09/16)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。