スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『かむろば村へ』 いがらしみきお 全4巻 
かむろば村へ 1 (ビッグコミックススペシャル)かむろば村へ 1
(ビッグコミックススペシャル)

(2007/12)
いがらし みきお

商品詳細を見る

 これは大人が読む漫画だ。
いやアダルティなエロ漫画という意味ではなく、大人にしかこの面白さがわからない漫画だと思う。
できれば、お金に翻弄されてちょっと疲れてしまった大人に読んで欲しい。
あ、でもこれを読んだからって借金が減るわけでもなく金持ちになるわけでもなく、お金なんてなくっても大丈夫だ~!と開き直れるわけでもないけれど。

 ストーリーは簡単に言うと「田舎で暮らそう!」なんですが、田舎でのんびり自然に囲まれて生活する癒しとは全く違って…むしろ癒されません。
登場人物は個性的でひと癖もふた癖もあるような人たちばかり、次々と事件が起こって、おいおい大丈夫かよ~の展開です。
 一応ファンタジーと銘打ってありますが、妙にリアルな内容で夢もなにもありません。
それでもなぜか引き込まれるように読んでしまうのは、いがらし氏の作品は読みやすくそれでいてすごく深い何かがあるんでしょうね。



かむろば村へ 2 (ビッグコミックススペシャル)かむろば村へ 2
(ビッグコミックススペシャル)

(2008/04)
いがらし みきお

商品詳細を見る

かむろば村へ 3 (ビッグコミックススペシャル)かむろば村へ 3
(ビッグコミックススペシャル)

(2008/10)
いがらし みきお

商品詳細を見る

かむろば村へ 4 (ビッグコミックススペシャル)かむろば村へ 4
(ビッグコミックススペシャル)

(2008/12/26)
いがらし みきお

商品詳細を見る
スポンサーサイト
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『きょうのおことば』 いがらし みきお 全5巻 
きょうのおことば 1 (GAコミックススペシャル)きょうのおことば 1
(GAコミックススペシャル)

(2009/11/20)
いがらし みきお

商品詳細を見る

 これすっごい好きだ。
最初にその言葉にまつわる漫画があって最後に今日のありがたいお言葉がある。
まるで漫画解説付き名言集のよう。
ありがたいお言葉といっても、あのいがらしみきお氏の言葉ですから、まぁ軽いノリのそれでいて深いお言葉なんだけれど。

 ちなみに私の誕生日のありがたいお言葉は、『自分を捜すより自分を捨てる』でした。

日めくりカレンダーのようにトイレに飾って毎日見たいような漫画だ。



きょうのおことば 2 (GAコミックススペシャル)きょうのおことば 2
(GAコミックススペシャル)

(2009/09/16)
いがらし みきお

商品詳細を見る

きょうのおことば 3 (GAコミックススペシャル)きょうのおことば 3
(GAコミックススペシャル)

(2010/01/07)
いがらし みきお

商品詳細を見る

きょうのおことば 4 (GAコミックススペシャル)きょうのおことば 4
(GAコミックススペシャル)

(2010/03/16)
いがらし みきお

商品詳細を見る

きょうのおことば 5 (GAコミックススペシャル)きょうのおことば 5
(GAコミックススペシャル)

(2010/06/16)
いがらし みきお

商品詳細を見る
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ひとねこペネ』 いがらし みきお 
ひとねこペネ (バンブー・コミックス)ひとねこペネ
(バンブー・コミックス)

(2009/11/20)
いがらし みきお

商品詳細を見る


 猫マンガなんですが、あのひと癖もふた癖もあるいがらしみきお氏のマンガなので、単なる可愛い猫マンガではないとわかってはいたものの、帯の写真にあった可愛いロシアンブルーの猫に騙されて買ってしまった。
 内容は人間になりたい猫ペネのお話で、人間のように一人暮らしをしてあれこれやってみるお話。
イメージ的にぼのぼのが少し人間っぽい話になった感じなんだけど…とにかくこのペネがヨレヨレすぎる(^_^;
細くてあばら骨が出てて、なんでまたこんなビジュアルにしちゃったの?って感じ。
基本ギャグマンガ(だろうな)なのでやってることも面白いんだけれど、だんだんと悲しくなってくるよ。
別に人間になんてなろうとしないで猫は猫らしく適当でいいかげんに生きてくれればいいのに~。
その後姿に哀愁まで感じてしまうよ。

 あまりにも悲しいマンガなので(いや面白いギャグマンガですけど)、ちょっとこれは私はダメだ~と思いながら、巻末を読んだらこのペネは実際いがらし氏のところにいる猫がモデルということだった。
あ~そうなんだ~、なんだそれを早く言ってよ、そうとなれば話は別だ。なんかよくわからないけれど、すごく楽になった(いや~自分でもなぜ楽になったのかはよくわからないけれど、それなりに愛情をも持って描いてくれてたということがわかって楽になったのかなぁ)。
帯のロシアンブルーもこのペネらしい。
こ、こんなに可愛い猫なのになんでいがらし氏が描くとこんなにヨレヨレになってしまうんだよ…。
  
  いがらし氏を知らない猫好きさんが可愛い猫マンガだと思ってこれを読むとちょっと愕然としてしまうかもしれない漫画だろうなと思った次第です。
あ、でもしつこいようだけどこれは面白いギャグマンガなのよ。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ぼのぼの』  いがらし みきお 33巻 
ぼのぼの(33) (バンブー・コミックス)ぼのぼの(33)
(バンブー・コミックス)

(2009/12/26)
いがらし みきお

商品詳細を見る

 ぼのぼのはゆる~くみえますが、かなり哲学してます。
読む人によって、癒しになったり考え込んだりします。たぶん。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。