スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『猫mix幻奇譚とらじ』 6巻 田村由美 
猫mix幻奇譚とらじ 6 (フラワーコミックスα) 猫mix幻奇譚とらじ 6
(フラワーコミックスα)

(2012/02/10)
田村 由美

商品詳細を見る

 1年間待ちましたよ、待望の6巻です。
とらじとサティ、頑張りました。
そしてずっと素性が謎だったサティが覚醒です。
ということでパパ・ジョン関連のエピソードはこれで終結。
 私としては、憂鬱ねずみがパイ・ヤンに穴の開いていない巾着袋をもらった時の喜びようがツボだった。
言葉はないけれど、お金を入れても落ちないと気がついたときのあのポワワ~ンな顔と言ったら…こっちまで幸せになったよ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『猫mix幻奇譚とらじ』 5巻 田村由美 
猫mix幻奇譚とらじ 5 (フラワーコミックスα) 猫mix幻奇譚とらじ 5
(フラワーコミックスα)

(2012/02/10)
田村 由美

商品詳細を見る


 5巻もとってもいい。
長い間待っている甲斐があるわ~。
だんだんと、とらじとパイ・ヤンの距離が縮まっているのが手に取るように分かっていいね。

 この漫画のよさはなんだろうな、とらじの可愛さは言わずもがなって感じだけど、超ファンタジーなのに妙に登場する人間達が人間臭いというか、リアルというかすごく引き込まれる。
まるで長編のファンタジー小説を読んでいるような、ワクワク感あり、恐ろしさや冒険や、ああここに繋がってるのか~の発見があったり。

 またこの5巻がいいところで終ってるんだよね。
あ~次の6巻はまた1年待たなきゃいけないのか、きついなぁ。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『猫mix幻奇譚とらじ』 田村由美 4巻 
猫mix幻奇譚とらじ 4 (フラワーコミックス) 猫mix幻奇譚とらじ 4
(フラワーコミックス)

(2011/02/10)
田村 由美

商品詳細を見る


 とらじの持っている唯一の鍵で開いてしまった骨董品屋の箱の中から、博物館の招待状が出てくる。
その博物館は王様でも招待状がないと入れないところ、もちろんパイ・ヤンもプーチェンも入ったことがないので、ジョゼを連れてその博物館に行く。
 羊mixの執事に出迎えられ、それぞれ恐竜メインの進化館や宝石館を見て回るが、盗人ねずみをみつけてしまい、どうやらここは悪魔のねずみがなにかをたくらんでいるところらしい。
 途中恐竜に襲われていたところを助けた子供と一緒にとらじが外で冒険をしていると、ラウンジにいた皆は大食いねずみに食べられて、それぞれ博物館内の違う場所に飛ばされてしまう。
 とらじはみんなを助けるために子供と、わからないことをなんでも教えてくれるという物知り爺さんを探しにいく。
そこには大きな鍵穴のある大きな蛇(龍?恐竜?)が暴れていて、とらじが鍵を挿すとそれはスプーンに変わってしまう。
 呪いのねずみを見つけたプーチンととらじはパイ・ヤンを探しにいく。
        

 ストーリーも面白いけれど、何が一番面白いってパイ・ヤンの猫に対する考察がとてもいい。
私はずっと猫と接しているからごく当たり前のことと思っていることでも、きっと初めて猫に接する人はこんな風に思うんだなぁってことがよくわかる。
この作者も猫を飼っていて猫には深くかかわっていると思うけれど、あえてそれを素人目で見れるのがすごいなぁ。 
 今回は子供が突然出てきて、とらじととても仲良くなってるんだよね。
う~ん、あまりにも唐突過ぎる登場なので、もしかしたらこの子供もねずみなのかな。
唯一『強い』を『ちゅよい』と発言している。
でもこれは子供ならではの発音なのかな~。

 肉球に考えをめぐらせるパイ・ヤン。
 箱に入らずにはいられない猫の習性に絶句するパイ・ヤン。
 鍵が開いて喜ぶとらじ。
 洋服のサイズをジョゼにぴったりあわせてもらって喜ぶとらじ。
 聞いてない振りをして聞いてるとらじ。
 聞いてる振りをして聞いてないとらじ。
 探検セットを着て喜ぶとらじ。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『猫mix幻奇譚とらじ』 田村由美 1巻~3巻 
猫mix幻奇譚とらじ 1 (フラワーコミックス) 猫mix幻奇譚とらじ 1
(フラワーコミックス)

(2008/01/25)
田村 由美

商品詳細を見る


 前から気になっていた7SEEDSを買ってみたいと思っている。
でも、いろんなところのレビューで内容はともかく人によってこの絵柄の好き嫌いがかなりあるということなので、とりあえず大丈夫か様子を見るためにまずは今3巻まで出ているこの漫画を買って読んでみることにした。

 うん、確かに絵柄が濃い。
濃くて古風でベタな少女漫画の絵だ。でも丁寧だし慣れてるし安定感はある。
確かにこれは好みが分かれるかもしれないなぁ。
しかしながら自分も古い人間なのでOKだ。絵柄問題なし。

 で、読んでみた感想…めちゃくちゃ面白い!
全然期待してなかっただけにすごく得した気分だ。
 ストーリーはしっかり作り込まれていて、ファンタジーだけれど本当にそこにあるかのように物語に引き込まれる感じ。
猫はもちろん可愛いけれどそれだけじゃなくって、ちゃんと野性味あふれる猫描写がイイ。
猫好きさんにはたまらないけれど、猫嫌いさんがこれ読んだら「やっぱり猫の顔ってめっちゃ怖いじゃん!」って思うかもしれない。それくらい猫描写が上手い。
 これはいいね。これからも読み続けよう。
でもこれ年に3回ぐらいしか発行されない雑誌に連載されているようなので、かなり待たなきゃいけないんだよね。待ち遠しいなぁ。

 そうそう、通常mixというと「雑種」を表すから、これもmix(雑種)猫の話かと思ったら違った。
うちの猫も猫mixだったら何考えてるか多少わかるからいいなぁと思うけど、「暑い!寒い!うるさい!触るな!邪魔!」しか言わなそうだから、ただの猫でよかったと思う。



猫mix幻奇譚とらじ 2 (フラワーコミックス) 猫mix幻奇譚とらじ 2
(フラワーコミックス)

(2009/01/09)
田村 由美

商品詳細を見る

猫mix幻奇譚とらじ 3 (フラワーコミックス) 猫mix幻奇譚とらじ 3
(フラワーコミックス)

(2009/11/10)
田村 由美

商品詳細を見る
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。