スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『俺様ティーチャー 』 椿いづみ 10巻 
俺様ティーチャー 10 (花とゆめCOMICS) 俺様ティーチャー 10
(花とゆめCOMICS)

(2011/03/18)
椿 いづみ

商品詳細を見る
俺様ティーチャー 10 裏表紙


俺様ティーチャー 10 カバー折込裏 10巻は、由井と北条若菜ちゃん(←ちゃん付けするとなんだか別人)メインのお話。

 生徒会メンバーのパイ投げに全滅した風紀部、由井が発起してなぜか忍者特訓を行う。
そんな光景を見下ろす生徒会メンバー、由井に「裏切り者」と捨て台詞をはくこの人は、これから始まる生徒会による部活つぶしの監査代表、北条若菜。

 各部活動が監査で沸き立つ中、風紀部の真冬は由井と共に判子争奪戦に加わり、早坂は単独で提出書類のまとめを始める。
 真冬は北条に接触するうちに「もしかしたらこの人は由井のことを好きなのでは…」と思い始めるが、当の由井は鈍すぎて全く気がついていない。
しかも、北条がピンチになり助けに行こうとする真冬を止めたことで、真冬は由井にキレる。

 真冬は最初こそ争奪戦に加わっていたものの、あまりにも度が過ぎる他の部活動を見てウサちゃんマンになり、北条を助けつつ判子を奪い自ら標的となる。
 ぼ~っと作っていた由井の罠で助けられた真冬、そこで由井が「どうすれば良かったのだろうか。上手くいかなくてわからなくなった。敵は敵、味方は味方、ともっとわかりやすければいいのに」といつになく弱気なことを言う。
真冬は、由井は冷たい人間だと思っていたけれど実は他人の気持ちや自分の気持ちに鈍い人間なのだと分かる。
 由井の願い通り、真冬は北条に判子を返して再参戦の宣言をするが、早坂によってしっかりまとめられた提出書類を見てその必要はないと北条は言う。

 その後、由井は北条の背後でこっそりと助太刀をする。
もちろんそのことは北条は知らない。 

 最後に、番外編っぽいストーリーで、華房先輩、由井、北条の出会い編。


 10巻にして初めてメインを張れる女性キャラ登場。
強くてかっこよくて女の子していていいね。
由井もおバカキャラ担当かと思ったら、意外とかっこよかったりする。
 そうそう、この漫画には色恋話はほとんどないけれど、鷹臣くんを前にちょっとばかりドギマギ赤くなっている真冬が見れてよかった。

俺様ティーチャー 10 カバー折込表
 
スポンサーサイト
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。