スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『もやしもん』 石川雅之 1巻~3巻 
もやしもん(1) (イブニングKC (106))もやしもん(1)
(イブニングKC (106))

(2005/05/23)
石川 雅之

商品詳細を見る

 巷で人気だというのでとりあえず3巻まで買ってみた。
さらっと読んだ後は、まぁそこそこ面白いよな程度の感想だったけれど、このブログに書くためにもう一度今度は念入りに読んでみた。すると…お、面白いじゃん!すごく面白いじゃん!になった。
この漫画はただ絵とセリフを読み流してるだけじゃダメだな、時間があるときに小説でも読むような感じでいろいろと考えながら読むと面白いんだな。
 可愛い菌の話はとてもわかりやすくてホント勉強になる。
難しい話を難しい言葉で説明するのは誰でもできる。
でも、難しい話をわかりやすく易しい言葉で説明するのは、その説明することの何倍も知識がないとできることじゃない。石川氏はかなり勉強してるんだなぁと思った。
 それと、主人公は菌が見えるんだけれど、それって普通に考えたらめっちゃすごい能力なんだけどさ、そのことにあまり焦点があたってなくてさらっと流されちゃってる感が面白い。
漫画を描くとしたら普通はそこが一番重要にするんだろうけど、石川氏なにごともなくそこメインにしてないところが、なんというか懐の深さが垣間見えますねぇ。
 
 これ読んでると、謎の臭い発酵物が食べたくなったり、日本酒やビールや泡盛が飲みたくなっちゃって困るね。



もやしもん(2) (イブニングKC (126))もやしもん(2)
(イブニングKC (126))

(2005/10/21)
石川 雅之

商品詳細を見る

もやしもん(3) (イブニングKC (151))もやしもん(3)
(イブニングKC (151))

(2006/05/23)
石川 雅之

商品詳細を見る
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/103-2387a84b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。