スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
花とゆめ 18号 *2010*9/5 【スキップ・ビート! ACT.162】  
花とゆめ 18号花とゆめ 18号 2010/9/5
(2010/8/20発売)
------- * * * -------
モノクロ少年少女
王子と魔女と姫君と
学園アリス
星は歌う
月間なかとば
声優かっ!
スキップ・ビート!
LOVE SO LIFE
嵐とドクター
花と悪魔
神様はじめました
花の騎士
今日も明日も。
蒲田ギュウ乳販売店
------- * * * -------
<付録>
プリンセス★バニティポーチ


今回は、暁のヨナが1回休み。ちょっと寂しい。

【スキップ・ビート! ACT.162 バイオレンスミッション フェーズ7 仲村佳樹】
 今回はなぜか端的にあらずじを書くのすごく難しかった。
あまりまとまってないけど、ごめんなさい。

 社さんの超ステキ「おはよう」場面から始まり。
蓮は、社さんにヒール兄妹としてキョーコと一緒にいることをさんざんいじられることを想定していたのに、全く触れてこないので逆に拍子抜けする。
 ローリィからは「別に構わないけど、最上君へのクビ宣告はお前がしろよ」と言われてしまい、そんなこと俺に言えるわけがないのに…とぐるぐる妄想しているうちに、撮影予定の変更を聞き逃し、しまった!顔の蓮。
 また、社さんからもそんな蓮を見て今の状況を同情され、マジ顔で「妹の存在をリセットすることも考えた方がいいんじゃないのか?」と言われてしまう。

 一方、キョーコはBOX"R"の撮影中、ついついセツが入ってしまいショックを受ける。
次の現場へちおりんとセツのエロカワ下着をお買い物しがてら、徒歩移動。
なぜ徒歩なのかキョーコが不思議がると、先輩が徒歩なのに車で行くことはできないとデビュー4年目のちおりんがラブミー部の先輩だけれど1年そこそこ?のキョーコに言う。
ちおりんはキョーコに、芸能人として気がつかれないことに憤りを感じていたけれど、ある意味駆け出しの新人なんだと思う事にした、と晴れ晴れとした顔で言う。
 そして、ちおりんに「京子さんは芸能人だということをなぜ誰にも気づかれないのか」と聞かれ、素の自分は『未緒』をやっている人間とは気づいてもらえないことが多く、この外見(ナツ)だと『京子』でも『未緒』でもない別人、無名の新人というよりはむしろ一般人と思われていると思う、と答える。
それを聞いたちおりんは、「不死蝶(フェアリー」とつぶやく。
 そんなフェアリー発言に、京子はどこかに妖精(フェアリー)がいるのかと、キョーコキャラ全開で探しまくり、人だかりがしている方に突進していく。
そこで、人だかりの原因の撮影現場の蓮をみつける。


 さて、今回は社さんが超カッコイイキャラになってます。
最近はギャグキャラが定着していたので、うれしい限り。
でも、なぜいつものキャラを捨ててまで蓮のことを心配してるんだろう。
それほどまでに憔悴しきった顔してるのかな、蓮が。
いつもとは違うただならぬ雰囲気を察したのかもしれないなぁ。

 ローリィ社長はどこぞの闇組織のボスのように暗に脅しをかけてます。
絶対キョーコは外させね~ぞ、と。
ローリィは全てお見通しなんですね~。

 そして、蓮。ローリィに言われた言葉、絶対あんなこと自分から言えるわけないって言ってますけど、最初の頃の蓮だったら確実にキョーコに言えてるよね。蓮は変わったなぁ。
ちょっと色々と困っているだけで、今のあの子との状況が嫌なわけじゃないとも言ってます。
なんかすごいね。嫌なわけじゃないということは、いいんだね~、本当は。
「手枷が外れ自由になった自分自身を、次はちゃんと繋ぎ止めておけるのか自信が無い…」と言っていますが、これは何に対してのことだろう。
今度こそ傷害事件を起こしてしまうかもしれない心配なのか、キョーコに対して暴走してしまいそうで心配なのか。
まぁ、傷害沙汰になるのはまずいけどまたキョーコが止めてくれるだろうし、キョーコに対しての暴走ならもうOKじゃないのか?いっちゃえ!いっちゃえ~!などど読者は思ってたりしますが。

 最後にちおりん、なんかふっきれたようないいキャラになりましたね~。
そんなちおりんを見たナツバージョンキョーコの笑顔が印象的。
最後につぶやいた「不死蝶(フェアリー)」という言葉、実際にこんな言葉はあるのかどうかわかりませんが、きっとこれは、キョーコが役にはまると全く別人になってしまうその女優としての素質を垣間見ての言葉だったのでしょうね。
そんなことキョーコは全く意図できず、相変わらずメルヘンの世界にまっしぐらですが…。

 今回は、新たな展開で回り始めたので結構面白かったな。
次回、蓮を見つけたナツバージョンキョーコと、おそらく見つけるであろう蓮の絡みが楽しみです。
プリンセス・ローザをつけたナツを蓮はまだ見たことがないので、ぜひ見つけてほしいですね。


【声優かっ! voice.25 南マキ】
 この漫画は途中から読み始めたのでストーリーはよくわかってないしなぜ主人公が男装をしているのかもわからないけど、このめちゃくちゃな元気さがなぜか好きだ。

【嵐とドクター 椎名橙 (読みきり)】
 なんとなくこういう話は好きだ。
続編も読んでみたいと思う。
ただ、動物がたくさん出てくるストーリーなのに動物があまり可愛くないというか上手じゃないのがちょっと残念だ。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/158-ab07fa70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。