スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
花とゆめ 24号 *2010/12/5* 【暁のヨナ 第26話】 
花とゆめ 24号花とゆめ 24号 2010/12/5
(2010/11/20発売)
------- * * * -------
天使1/2方程式
モノクロ少年少女
学園アリス
花と悪魔
月刊なかとば
声優かっ!
ラブ×テキ!
蒲田ギュウ乳販売店
俺様ティーチャー
神様はじめました
星は歌う
暁のヨナ
花の騎士
メリー・アンバランス・クリスマス
------- * * * -------
<別冊まんが付録>
嵐とドクター
オズのかかし使い
メタモ☆レイヤーLV.0
不老兄妹
輝け!!ビタミン学園男子寮☆
オオカミとごちそう

 今回はスキップビートはお休み。

【暁のヨナ 第26話「新たな地へ」 草凪みずほ】
 キジャとシンアの力を使って緑龍探しを始めるヨナ御一行。
ユンは、シンアの能力のおかげで人がいないコースを取りやすいと喜び、キジャは同じ龍のシンアが来てなんだか嬉しそう。
 途中、見捨てられたような村に足を踏み入れる。
そこでヨナは村人の先王イルに対する醜い不満の声を聞いてショックを受ける。
 一行は緑龍がいると思われる港町につく。
ユンが食料の調達をしたいというと、怪しさ満点の3人(ヨナ、キジャ、シンア)を残しハクが買出し役をかって出る。
 「早く帰ってきてね」のヨナの言葉を嬉しそうにかみしめながら町に出るハク、そんな気分とは裏腹に面倒な下衆に出くわしてしまい、女性を助けるために思わずその下衆に手を出す。
それと同時にどこからか足を出すチャラい男。
思わず顔を見合わせる。


 緑龍探しが始まりました。
シンアは普通あの環境で幼少を育っていたらひねくれ者で無口な扱いにくい性格になるはずなのに、素直な使える天然素材で行くのね。
ちょっと上手く出来すぎの感はあるけれど、 キジャが思いのほか嬉しそうに兄貴風を吹かせているからまぁいいっか。
 今までヨナやハク目線でイル国王を語ってきたけれど、今回初めて村人目線での国王の話が出てきたのが新鮮だった。
う~ん、貧困層にとってはとにかく誰かを恨まないことにはやってられないだろうしなぁ。
いくらイル国王が平和を愛する人だからといっても、村人のお腹が一杯になるわけでもなく病気が治るわけでもないから、村人の言っていることは当然なことだよな。
ヨナにはきつい現実だろうけど、そういうことハクは全部わかっているからハクの前では泣き言言ってもいいと思うよ。
ただ、目に付いた特定の人にだけ果物と薬をあげるのはどうかと思うよ~。 
 それと最後に出てきたいかにもチャラい男は、もしかしたら緑龍なんだろうか。
また性格の違う男を持ってきたな。
もし緑龍だったとしたら、一番ハクと気が合いそう。
一番の恋敵にもなりそうだけど。


【神様はじめました 第53話 鈴木ジュリエッタ】
 翠郎が鞍馬にぐりぐりするのはほほえましかったけど、奈々生に対してプイっとしたから感じ悪っ!
二郎ってもっと頑固者な顔のお年寄りかと思った。
つ~か、このネーミングだけ超いい加減に付けられてしまったみたいでちょっと不憫。
二郎が奈々生に対してあらぬ感情を持ってしまったら、大問題が発生しそうだ。
怖いよ、怖いよ~。

【俺様ティーチャー 第58回 椿いずみ】
 今回のお話はまとまっててよかった。
絵もちゃんとしてるし、この人面白いなぁ。
コミックス買って最初から全部読んでみたいという気もするんだけど、そこまですることもないような気もする。

【メリー・アンバランス・クリスマス 友藤結 (読みきり)】
 「影に咲く花」が好きだったのでこのお話をまた読みたかったけれど、新作もなかなかよかった。
まぁ…絶対ありえないような「白馬に乗って王子様が迎えに来る」な少女漫画王道漫画だけれど、絵が丁寧で上手だし勢いがあるからついつい読んでしまう。
なんだか読んでいて恥ずかしくなっちゃうような展開で、実際こんなカップルだったらそのうち別れちゃうのは目に見えてるけど、漫画なので頑張れよ~と思う。
そして、最近流行のツンデレ男が結構自分のツボだということに気づいてしまったよ。
友藤さん、連載描いてくれるようになるといいんだけどな~。

【別冊ふろく アンコール劇場】
 『嵐とドクター 椎名橙』
   嫌いじゃない。
   絵も結構好き。
   動物が出てくるのは全部好き。
 『オズのかかし使い 壱春コマ』
   絵もお話も可愛いから好き。
   ちょっと花とゆめのカラーではないような気もするけど、読みやすいからいい。
   連載になっちゃえばいいと思う。
 『メタモ☆レイヤーLV.0 緋桜泉』
   嫌いじゃない。
   オタクの気持ちは良くわかるので、共感はできる(ちょっと恥ずかしいが)。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/213-1e83acb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。