スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ソウルイーター』 大久保 篤 18巻 
ソウルイーター 18 (ガンガンコミックス)ソウルイーター 18
(ガンガンコミックス)

(2010/11/22)
大久保 篤

商品詳細を見る

 マカソウル組がデスサイズになったことにより新章になったので、16巻からは表紙がパステルカラーになって可愛くなりました。
今回はブラック☆スターさん。
表紙の可愛さとは裏腹に、内容はだんだんと意味不明に。
自分の読解力がなくなったのか、はたまた作者自身狂気に落ちてしまわれたのか。
なんか薄ら寒い支離滅裂な雰囲気が漂ってます。
ちょっと怖いです。

 エイボンの書の中に入った死武ガキ隊(もう誰もこんな呼び方はしてないけど)は書の第一章からキッド救出すべく入っていく。
第一章「色欲」でマカ鼻血、ブラック☆スターのぷにぷにに椿赤面。
第二章「暴食」で、ブラック☆スター・パティ・キリクが焼き豚食べ放題。
第三章「嫉妬」にはマカソウル組だけ飛ばされ、それぞれ痛い話を吹き込まれちょっと傷心…焦心の方かも。
第四章「憤怒」でエクスカリバー登場。
第五章「傲慢」でエクスカリバー強引に退場。
第六章「怠惰」ではみんなとはぐれているマカソウル組が恋人風別れ話&ギリコ・新ギリコとバトル。
第七章「強欲」でブラック☆スターが狂気に落ちた(のか?)キッドとご対面。
 という感じで19巻につづく、です。

 余談ですが、章のネーミングにハガレンのことを懐かしく思い出したりする今日この頃。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/216-26a6d8fb
 
このマンガ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。