スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
花とゆめ 1号 【スキップ・ビート!・暁のヨナ】 
花とゆめ 1号 花とゆめ 1号 2011/1/1
(2010/12/4発売)
------- * * * -------
LOVE SO LIFE
王子と魔女と姫君と
声優かっ!
輝け!!ビタミン学園男子寮
モノクロ少年少女
スキップ・ビート
俺様ティーチャー
月刊なかとば
暁のヨナ
ラブ×テキ!
はじまりのにいな
蒲田ギュウ乳販売店
いっしょにねようよ
ノンデザイアの箱庭
オオカミとごちそう
------- * * * -------
<付録>
花ゆめALL STAR GIRLY カレンダー2011


【スキップ・ビート! ACT.167 バイオレンスミッション フェーズ10 仲村佳樹】
 暗い闇の奥から連れ出してくれたのは彼女(キョーコ)だった。
ローリィ社長が彼女を御守りだと言ったのはこのことだったのかと気がつく蓮。
 念の為病院で精密検査をして異常はなかったものの、緒方監督にスタントマン使用を提案されてしまう。
はっきりとした返事をさけた蓮に対し、迷いがあるのなら止めた方がいいと社さんは助言する。

 自分の部屋に戻った蓮、封印したはずの自分の闇がふいに出てしまった時、それをコントロールすることに自信が持てないでいる。
それと同時に、キョーコといると封印したはずの忘れてはいけないことすら忘れそうになってしまう自分。
どちらもとても重大なことでどちらか一方を選ぶことは出来ないと悩んでいるときに、ふいにキョーコからの電話が携帯に。
過去の思いに囚われて携帯を取ることができない蓮。
そんな時に、――立てクオン…かつてのリックの言葉を思い出し、腕時計から手を離す。

 キョーコはというと、蓮に電話をしたものの出ないのであれこれ心配になり、社さんに電話をしようとしたとたん携帯が鳴る。
見るとそれは蓮から。頬を染めながら携帯にでるキョーコ。


 やっと蓮の核心部分に近づいてきましたね~。
一番大切なのは過去よりも今だということに早く気がついて欲しいですねぇ。
だって蓮が終わったら今度はキョーコの心の病開放へのターンなんだから。
こっちの方が深くて重症だろうし、きっと蓮よりも長くなるよ~。

 そして、今回の見どころ画像は、「失敗は必ずするものだからな」と蓮に言ったときの社さん。
別にこんなドヤ顔で言うほどの言葉じゃないのに、なぜこんなにカッコイイんだ。
クレパラに出てきそうなどっかの幹部みたいだぞ。すっげ~クールだ。
 
 ちょっと面白いと思ったのは、蓮とキョーコの携帯にそれぞれ「最上さん」「敦賀さん」で名前登録されているところ。
フルネームでもなく、かといって呼び捨てでもなく、なんていうか…かわいい。
キョーコはともかく、蓮はそろそろキョーコのことを呼び捨てで(こっそり)登録してもいいんじゃないかと思うんだけど、蓮はいつまで「キョーコちゃんと呼んで」を根に持ってるんでしょうか。


【暁のヨナ 第27話「三人目の龍」 草凪みずほ】
 ユンに「騒ぎは起こすな」とあれほど言われていたのに、ハクは思わず役人に手を出す。
なにやらチャラい男も同時に足が出る。
絡まれていた女の子を連れて逃げている途中、急に何かを感じチャラ男がいなくなる。
行き先は停泊中の海賊船。
ここがチャラ男の居場所で、名前は「ジェハ」らしい。
チャラ男ジェハも白龍と青龍の気配を感じていたよう。

 翌日、海岸に緑龍の気配を感じヨナ一行は移動。
ハクは今日もひとりで街中へ出て、またチャラ男にばったり。
なにやら追われているということで、チャラ男に遊郭の一室へ連れ込まれるハク。
そんなところをユンとヨナに発見され、あたふた言い訳をする。

 どうやらこのチャラ男ジェハは、自分の宿命を知っていてそれでもその宿命に逆らおうと自由人を決め込んで生きているらしかった。


 他の龍の気配を感じ取れるということは、やっぱりこのチャラ男が緑龍で間違いなさそうですねぇ。
でも、この龍も前の2龍とはまた違った境遇と考え方の持ち主で、一筋縄ではいかない感じ。
自分の宿命から絶対逃げ切ってみせると豪語してますが、おそらくヨナの前ではそれも無理でしょう。
どんな対面をするのか楽しみです。
しかし「ジェハ」ってまた発音しにくい名前だなぁ。「シンア」も発音しにくいし。

 チャラ男とハクの会話で、ここ一帯では女子供の人身売買があるらしいですが、ヨナがさらわれちゃったりしてね。
そうなったら2龍とハク、そして自分の意思とは関係なくチャラ男緑龍で奪回することになるだろうから、それはそれでちょっと見てみたい気もする。

 で、遊郭の言い訳であたふたしてるハクに対して、ヨナったら妬くわけでもなく平常心。
ハクかなり不憫です。そこは嘘でもちょっとぐらいは怒ってみせてあげてヨナさん。

 そういえばハクとジェハ、仲良く女遊びまでする仲なのにまだお互い名前も知らないんだよな。


【神様はじめました 第54話 鈴木ジュリエッタ】
 二郎さん、自分の手を見ながらポッと頬染めちゃってます。怖いよ~怖いよ~。
 奈々生みずから巴衛の胸の中に飛び込む姿って、レアなんじゃないのか?
今まであったかな。
 翠郎兄はいいひとなんだろうけれど、なんか目が怖い。生きてる感じがしない。

【LOVE SO LIFE 第36回 こうち楓】
 今回は歳相応なお話でよかった。
この漫画さ…ベビーシッターの話抜きでやったほうがもしかしたら面白いんじゃないのか?
あ、そんなこと言ったら身も蓋もないけれど。

【声優かっ! voice.31 南マキ】
 やっぱり女の子バージョンの姫は可愛くない。
なぜ可愛くないのか観察したら、なんと女の子姫の目の中に☆が2つも入っていた。
いや~いまどき目の中に☆ですか…。

【俺様ティーチャー 第59回  椿いづみ】
 途中から読み出したから内容はよくわからないけど、最近ちょっと気になっている漫画。
人物の区別が未だについてないけど。
作画もストーリーも安定感があって安心して読めるからいいなぁ。
恋愛要素がほとんどないというところも気に入っている。
でもまだ全巻そろえる勇気はない。

【はじまりのにいな(読みきり) 水森暦】
 以前同じタイトルで描いていた第2弾だね。
絵は結構好きだな。
でもなぁ、亡くなってから11年しかたってないのに転生しちゃう設定に無理がありすぎ。
まぁ転生自体がファンタジーの世界だとすればなんでもありだけどさ。
ただひとつ言えることは、26歳と11歳じゃ単にロリコン漫画の世界だよな。
なんかこの彼が不憫だよ。

【ノンデザイアの箱庭(ビッグチャレンジ賞佳作+編集長期待賞受賞作品) 白井九】
 絵は好きかも。
なんとなく少年マンガっぽい作画で、ところどころ少年マンガ風味。
私は少年マンガのほうが読み慣れているからいいけれど、生粋の少女漫画ファンには「寂しいから一緒に寝て?」とか恥ずかしいセリフを無理やり女の子に言わせるようなところはどうなんだろうなぁ。
 ストーリーは結構いいと思うけれど、魔法使いとの契約内容がいまひとつ真実味に欠けるというか、その場しのぎっぽい感じがするかな。
3年間だけの契約とか、貰い過ぎだから使い魔をオマケにしたとかいうところ。
魔法使いはこの主人公と以前から仲良しで彼女の境遇を不憫に思い、自分の何かを犠牲にして契約を甘くしてしまった…とかの記述があればこれもアリかもしれないけれど。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/231-aee70a73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。