スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
花とゆめ 3号 【スキップ・ビート!・暁のヨナ・神様はじめました】 
花とゆめ 3 花とゆめ 3号 2011/1/20
(2011/1/6発売)
------- * * * -------
神様はじめました
王子と魔女と姫君と
モノクロ少年少女
月刊なかとば
学園アリス
スキップ・ビート
暁のヨナ
LOVE SO LIFE
星は歌う
今日も明日も
いっしょにねようよ
花の騎士
ラブ×テキ!
蒲田ギュウ乳販売店
------- * * * -------
<付録>
お出かけトートバッグ


【スキップ・ビート! ACT.169 バイオレンスミッション フェーズ11 仲村佳樹】
 クオンとリックの過去話から。
立派な鶏を持ちこれはおまえ、クオンの中に巣くうチキンな心をこの鶏に例えて食べ尽くしてしまえと言い放つリック。
さすがにその鶏を捌くわけにはいかないので、鶏肉を買ってきて例のオムライスを作るクオン。
凶悪チキン料理を強力チキン料理にするには、惚れた女から魔法をかけてもらえばいいとリックは言うが、あいにく恋人のいないクオンのためにリックがオムライスにケチャップで「RELUCK」と書き、魔法をかける。

 そんな出来事を思い出しながら現実の蓮、オムライスを完食して瀕死状態。
キョーコが差し出した消化剤を断り、自力で頑張る。
大切なリックの存在を忘れてしまいそうな自分、でも自分の仕事を全うするためには躊躇わない勢いと意思が必要。そのためには自分に勝たなくてはいけない。そして、魔法…。

 そんな蓮を見てキョーコは「このオムライスは験担ぎのようなもの。カーアクションをやることに躊躇いが生まれているのかもしれない。」と思い、自分に魔法をかけてくれるプリンセス・ローザ様を蓮に渡そうとする。
 「―そうだね―… 居ようか 一緒に――」キョーコが差し出した手に蓮が…


 今回もなんだか上手くあらすじが書けなかったな。
仲村センセのあらすじを書くのは結構難しくてさ、今回も過去話とモノローグと現実がコロコロ入れ替わるからまとめづらいんだよね。

 チキンオムライスにまつわる過去話が出てきましたね。
鶏が妙にリアルです。っていうかリックはどこから鶏を持ってきたのでしょうか。
その後ブライアンはどうなったのでしょうか。ちょっと気になります。

 最後は、プリンセス・ローザ様とともにキョーコの手もしくはキョーコ自身をハグするフラグでしょうか。
もういいから、さっさと想いを伝えちゃってください。

 そうそう、久しぶりに怨キョが出てましたね。お迎えにケリ入れてましたが。
やっぱりね~キョーコは怨キョ連れてるのが似合うと思うのよ。
今の女の子っぽいキョーコも悪くはないけれどさ。


【暁のヨナ 第29話「縁」 草凪みずほ】
 緑龍探しで町に出るヨナ一行(青龍は今回も1人でお留守番)、店で役人が暴れているところを目撃するがなすすべがない。
 ハクは自分の人相書(手配書)を見つけ別行動をとったところに、ハク探しで町に出ていたジェハにばったり遭遇。
 ハクを海賊の仲間に勧誘するもあっさり断られ、龍の気配を感じとったジェハはとっさに逃げる。
屋根に飛び乗ったものの足を滑らし転落したところへ、白龍とご対面!
緑龍を見つけ四龍の理をキラキラししながら話すキジャに対し、「何の疑問もなく言われるがまま自分の思考を持たない白龍は悲劇だ」と言い残し、ジェハは去る。
 一方ヨナは先ほどの店での惨劇を目の当たりにし、自分は本当に何も出来ないのかと自問する。
 再びハクを探し当てたジェハ、ここでやっと自己紹介。
再度勧誘をするが、その時後ろでヨナの声が。


 ついにジェハが白龍とご対面ですね。
ジェハをゲットするのは青龍よりも大変そうだけれど、まぁヨナを見れば多少は心が動いてしまうんだろうなぁ。
あとはおそらく海賊と手を組んで悪者退治をするのでしょう。で、その時にヨナが囮かなんかやって、その態度にジェハがグッと来ちゃって仲間になるんじゃないかと推測。
まぁ妄想の域ですが。

 それと、キジャ。
今まで四龍としての宿命になんの疑問も持たずここまできてしまったけれど、ジェハの言葉がキジャの心になにか一石を投じることになったら、それはそれで面白いなぁと思う。
ここで改めて白龍としての自分、主であるヨナについてちゃんと自分で考えた上で、自分の存在理由を明確に出来れば前よりももっと頼もしい白龍になると思うな。

 そして今回の見どころは、ハクとジェハの人相書だな。
今は草凪センセのフィルターで見てるからかっこよく見える2人だけど、実際この2人が実在の人物だったらこんな顔なのかもしれない~と思った。あ、ちょっとそれはイヤすぎる。

 
【神様はじめました 第55話 鈴木ジュリエッタ】
 初めて見た女人(奈々生)のことが気にかかり、心乱される二郎。
「名はなんというのか」なんて可愛らしいことを言っても二郎の場合、愛しいが高じて喰っちゃいそうだから心配だ。
 一方奈々生と巴衛は、お部屋にお布団ふたつドキドキワクワクタイムで、いちゃついてます。
 翌日、奈々生発案の作戦で土地神に化けた鞍馬と一緒に本道場に潜入します。

 本人達は大真面目に命がけでやってるんでしょうが、アハハウフフの世界に見えちゃうのはなぜだろう。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/261-607b3223

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。