スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『ONE PIECE』 尾田栄一郎 61巻 
ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス) ONE PIECE 61
(ジャンプコミックス)

(2011/02/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


 私は漫画や小説を読むときに、なぜか最後の方をチラ見してからおもむろに最初から読む癖がある。 
この61巻も例のごとく最後をパラ見したとき、え~!2年後!?しかも仲間の顔がなんか違う~!や、やめてよね、なんで今更こんな展開??と、多少不安になりながら読むはめになった。

 読んでみての感想は、うん、納得。そっかそっか、やっぱりこの流れはさすがだわ。 
仲間たちがそれぞれ立ち止まって強くなる期間を作ったんだ。
クマに別々のところに飛ばされたのはすべてここにかかってるんだなぁ、すごいな。
で、前巻の最後でルフィーが仲間に向けて発信したこと、私は仲間じゃないからわからなかったけれど、3日→2年ってことだったのね。なるほど~。

 そして、2年後シャボンディ諸島に集結したわけですが、強さはもちろん見た目も結構変ってるわけですよ。
ゾロ、かっこよくなった~!目はどうした!
ウソップ、ちょっと筋肉質になって強そうになった?
ルフィー、胸の十字の傷はなんだ!
ナミ、なんだその格好は!なんだその身体は!髪はショートの方がよかったなぁ。
チョッパー、う~ん普通の格好のときはあまり変わってないっぽい。ずっとかぶっていた帽子どうしたんだろ。
ロビン、普通にきれいで知的なおねえさんになった。
ブルック、衣装が派手だ。
フランキー、もはやメカ。
サンジ、あれ?なんかイケメン度が下がってるよ~。変ったのは髪の分け目だけ~?

 さて、一ケ月の充電期間後の新生麦わら一行、これからもますます楽しみです。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/287-96420d17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。