スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『神様はじめました』 鈴木 ジュリエッタ 9巻 
神様はじめました 9 (花とゆめCOMICS) 神様はじめました 9
(花とゆめCOMICS)

(2011/05/19)
鈴木 ジュリエッタ

商品詳細を見る
神様はじめました 9 裏表紙


神様はじめました 9 カバー折込裏 ミカゲに言われたことを気にして浮かない顔の奈々生、巴衛たちを先に返し奈々生は香夜子に会いに京都へ。
香夜子の霧仁への迷いのない背中を見て、自分も前に進みたい、巴衛に大好きだといいたいと思う。
 一方、香夜子の想い人霧仁のもとに夜鳥という謎の天狗(?)が現われ、なにやら怪しい動きをする。

 奈々生と巴衛は三代目僧正坊の息子「真寿郎」という天狗を探しているという子天狗牡丹丸に出会う。
奈々生は牡丹丸と一緒に真寿郎を探すことになるが、それは意外にも簡単に見つかる。
真寿郎というのは鞍馬のことだった。
 真寿郎を探していた理由は、僧正坊が倒れ御山が瘴気の雲に覆われてしまったので真寿郎に帰ってきてほしいというもの。
 鞍馬は戸惑うものの御山に行くことに決める。もちろん奈々生も巴衛も一緒に。

 天狗里についた鞍馬一行、鞍馬がかつて世話になった翠郎兄のところで一息つく。
 本家本道では僧正坊に代わって四代目を継承する二郎が暴力の限りを尽くし君臨していた。
そしてここにも夜鳥が二郎に取り入っていた。
 奈々生は瘴気のせいで花が咲かなくなってしまった万年桜に一瞬花を咲かせる。
そこで二郎に出会ってしまう。
女人禁制の御山にいた奈々生の腕を掴みすごむ二郎だが、奈々生のことを天女だと思い込む。
 
 鞍馬、巴衛そして奈々生は、僧正坊に霊薬桃丹を渡すため道場に潜入する。


 黄泉編がとりあえず終了し、御山の天狗里鞍馬編が始まりました。
今まで脇役で謎の多かった鞍馬が主役ですねぇ。
初登場ではちょっと感じ悪い二郎さんですが、これから「え~っ?!」と驚く変化が待ち受けてます。
ますます面白くなってきました。

神様はじめました 9 カバー折込表
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 
なな #-
 
9巻買ったよー。
夜鳥の登場シーン、なぜか見逃してました。
ああいう登場だったのか・・・変なやつだったな。
香夜子かわいい~^^
夕花 #-
 
夜鳥は策士で怪しさ満点の登場だったのに、最期のあっけないこと。
本当にあれで終わりなのかなぁ。
つか、突然奈々生強すぎ。
なな #-
 
同じくそれ思ったー!他の漫画ならもっとかき乱すキャラだよね、夜鳥って。
超怪しげなのにあっさりいなくなるし・・・。
霧仁とも怪しい?関係だし・・・。もしかしたら再登場もあるかなぁ。
使い捨てのキャラにしてはアクが強すぎる(笑)
夕花 #-
 
いつか霧仁が出てくるときに、もしかしたら夜鳥も出てくるかもしれないなぁとは思うけど、別に好きなキャラじゃないからどっちでもいいかなと思ってる(笑)

次号の発売今週だね。
大きい奈々生と、小さい奈々生にコクった巴衛がどんな雰囲気になるのか楽しみ。
なな #-
 
うん・・「神様はじめました」にいらないキャラだね夜鳥って。
ドロドロしてないのがジュリエッタ先生の作品の特徴だし^^
次号の花とゆめ超楽しみ。
夕花 #-
 
ああ、確かに言われてみればドロドロしてないね。
少女漫画の王道、心の中だけで思ってなかなか言い出せないとかいうのもないよね。
だからいいんだよな~。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/363-4991696e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。