スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
花とゆめ 14号 【暁のヨナ・俺様ティーチャー】 
花とゆめ 14号花とゆめ14号2012/7/5
(2012/6/20発売)
------- * * * -------
それでも世界は美しい
暁のヨナ
はじまりのにいな
王子と魔女と姫君と
月刊なかとば
学園アリス
俺様ティーチャー
星空のカラス
瞬恋
モノクロ少年少女
サクラ大戦 奏組
女王様の白兎
ぽっちゃまに
蒲田ギュウ乳販売店
------- 付 録 -------
ミニミニ★ケダ高ルーズリーフ
byモノクロ少年少女
 
 レビュー書くのが遅くなってしまったので、今回は手短に。

【暁のヨナ 第57話「人は知らないことは考えられない」 草凪みずほ】
 テジュンは(兵糧泥棒して)せっせとヨナに食料を貢ぐ。
村の現状を肌で感じ、村の人々と係わり合う日々。
自然と部下達に対しても今まで感じたことのないような気持ちが生じる。
 ヨナは姫ではなく賊として動いて「私達が出来る事には限界がある」という。
ならば火の部族長の子カン・テジュンとして、私だから出来る何かがあるはずだ、と思いはじめる。


 だんだんとテジュンの心が変わってきました。
そろそろヘタレテジュンを卒業してなにか動いて欲しいところ。
ああ、でも死ぬなよ~。
テジュンは危なっかしいから、動いて欲しいけれど大人しくしていて欲しい気もする。
 

【俺様ティーチャー 第84回 椿いずみ】
 修学旅行前、由井は生徒会長に写真を撮ってくることをお願いされていた。
その命により、真冬や早川にくっついて面白写真を撮りまくる由井。
そんな様子をクラスメートに「仲が良い」と言われてしまい、自分はただ与えられた命令をこなしているだけなのに…となにやら妙な気分になる由井。

 翌日の自由行動は、いつものように真冬、早川、由井で絶叫マシンに乗りまくる。
お化け屋敷で置いていかれた由井は、真冬と早川の顔を見てホッとする自分に驚く。
夕方観覧車に乗っているとき、真冬から写真を撮っていないことを指摘され、初めて由井はカメラを持っていなかったことに気がつく。
 あちこちカメラを探すも見つからず途方に暮れていると、それならばとクラスメートたちが由井が写っているデータをコピーしてやると次々と見せてくれた。
そこには仲が良さそうな3人の姿が写っていた。
そんな写真を見て、不思議な気分になる由井。

 ホテルに帰ると、真冬に桜田が「廊下に落ちてた」とカメラを渡してくれた。

 真冬の部屋のテーブルに置かれた携帯がバイブしている。
相手はアッキー。
本当の問題は学校で起きていた。
                                                   

 今回は由井ターンです。
生徒会からの忍者として真冬と早川にくっついていた由井ですが、ここにきてちょっと感情が揺れてますねぇ。
まぁ傍から見れば最初から仲良しさんに見えてましたが。
生徒会長もなかなかの曲者だな。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/719-7fbb6b92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。