スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
『スキップ・ビート!』 仲村 佳樹 25巻 
スキップ・ビート! 25 (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 25
(花とゆめCOMICS)

(2009/08/10)
仲村 佳樹

商品詳細を見る
スキップ・ビート! 25  裏表紙


スキップ・ビート! 25 カバー折込裏 今回は演劇関係はほとんどありません。1巻まるまるバレンタインデーのお話。
いや~少女マンガですねぇ。一大イベントだね。

 25巻は、なかなかエキサイティングなストーリー展開だった。
簡単に書いちゃうと、
 尚がキョーコのファーストキスを無理やり奪う。
 尚してやったり、不敵な笑みを蓮に向ける。
 キョーコ、あまりのことにボロボロ。
 それを見た蓮、昔話をして(嘘臭いけど)なんとかキョーコを復活させる。
 チョコの代わりにキョーコが蓮だけのために作ったワインゼリーを渡す。
 そんな中、キョーコが不意に忌々しいことを思い出し般若顔。
 面白くない蓮は、超セクシーにキョーコの頬にチュ。
 つるがのるつぼにどっぷりはまり、キョーコフリーズ、撮影不能。
 困った蓮、なんとかキョーコを言いくるめ復活させる。
という話だ。
 
 まず、尚。
尚は困ったチャンだな。つ~か、小学生脳?
本当は好きなのに、ゆがんだ独占欲なんて言って気持ちをすり替えちゃってるだけでしょ。
認めたくないんだよね~。かつての自分の召使だった女の子だもんねぇ。
な~んでこんな子に育っちゃったんだか。
でも尚はこれでいい。傍若無人じゃない尚は尚じゃない。
尚は行動的だから出てくるだけで回りもつられて話がさくさく進むし、このままでいい。

 そして、蓮。
蓮さんも、困った人だね。
まだ告白もしてないし、キョーコの気持ちを確かめたわけでもないのに、キョーコのこと思いっきり自分のものっぽい扱いしてるよね。
『二度目は無いよ…?』(社さんの言葉を借りて言えば「二度と不破にキスなんかさせたら許さんぞ」)って、あなた…付き合ってもいない人にこんなこと言われたくはないわ。
そのくせ『特別待遇なのかもしれない…なんて思うのは危険だな』だなんていつまでも思ってて、本当に素直じゃないんだから~。
さっきまで尚とごたごたしてたのに、蓮と二人っきりのワインゼリーシーンでキョーコはあんなに頬染めて話してるの見て、まだわからないかなぁ。どんくさ~。
自分を隠した語りは本当に雄弁でペラペラとしゃべれるのに(浮気はすぐバレるタイプだな)、肝心なことは言葉にしないんだからねぇ。なんかキョーコが振り回されっぱなしで可哀相になってくるよ。
 『自分のそんなエゴイズムで彼女を混乱させるのはあまりに可哀相だ』ってわかってはいるようだけれど、それで口チュから頬チュに変えようが混乱させているのには変わりないと思うんだけどね~。
 『あの子の心にほんの少し後遺症が残ればいいのにと、心の隅で願う俺はやっぱり女心をもて遊ぶ(←余談ですが漢字で書く場合は「もて遊ぶ」ではなく「弄ぶ」だと思うよ)悪い男なのかな…』とすっげーキザな言葉を最後に吐いてますが、とりあえず自分の醜い心もちゃんとわかっているようだからまだいいかな。

 キョーコもキョーコで、いいかげん自分の気持ちや蓮の気持ちに気づいてやれよ~とは思うけどね。
『俺だって日本人相手なら誰にでもする訳じゃないんだから』って蓮の言葉に対して、なんで自分は特別って思わないかなぁ。『…つまりは外国人相手なら誰にでもするという…』なんて言っちゃダメだって~。
 なかなか進展しなくてイライラするけれど、でもそこがいい。

 で、今回忘れてはならないのが、モー子さんと飛鷹くんのドキドキバレンタインだ。
今までの話ではあまりこの2人に興味はなかったけれど、今回の話はなかなか面白かった。
モー子さんも飛鷹くんもこれで少し前進したかな。
2人ともストレートに言葉を出すから、テンポよく話が進んでいい。
このくらいのテンポであの2人も進展してくれればなぁ。

 そして、なんと今回はこのコミックのための書下ろしが4ページある。
バレンタインデー前日のキョーコとレイノの絡みシーンなんだけれど、なんかこうレイノってあの怪しい能力のせいで変人キャラになってはいるけれど、実はレイノが一番ピュアでまともなんじゃないかなぁと思うようになってしまった。
チョコレートが欲しいと素直に?言ってるし、ストレートに想いも告白しているしイイキャラだよなぁ。
でもまぁこんなキャラばかりだったら、話は展開していかないわけだけれども。

 今回は珍しく長文になってしまった。
本誌では、原稿に白が目立ったり、大ゴマが多かったり、展開が遅かったりするのがちょっと目に付いちゃうけれど、コミックだとちゃんと加筆してくれてるし、大ゴマもむしろ見やすいし、一気に読むから展開の遅さも気にならないし、コミック万歳だ。

スキップ・ビート! 25 カバー折込表
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://catspad.blog93.fc2.com/tb.php/98-4a5f1916

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。